夏の風物現場

地域のこどもの笑顔の為に建物と心を笑顔に変えるビルメンテナンス

プロスタイル株式会社

夏の風物現場

 

お久しぶりです。作業員Tです。

 

弊社のお盆前現場で恒例となっております、

「貯水槽清掃」

のご報告をいたします。

 

「貯水槽」・・・水を貯める施設・設備のこと。上水道用水のほか工業用水、防火用水などの用途がある。受水槽、高置水槽、圧力水槽に大別される(wiki抜粋)

今回は上水道用水受水槽。簡単に言えば飲料水を溜め込むタンクです。

学校やマンション、ビルなどで建物近くにあるのを見た事あると思います。

そのなかで、夏休みに入りました、小学校及び中学校に行ってきました。

 

正直、この時期の貯水槽は・・・地獄です。

今年は例年と比べて冷夏です。

だが、しかし。

水を抜いた後のタンクの中は湿度100%に近いんじゃないかと思われるぐらい蒸してます。

従事者のH野君、お疲れ様でした。

 

 

早速、タンクの作業前と作業後の写真を見てもらいましょう。

一目瞭然ですね。

 

日本の水道は世界に誇れるほど安全な水です。

しかし、水道局から水道管を通ってご家庭に届くまでにどうしても、錆や土は入ってしまいます。

そのような水を今回は児童が飲料しているのです。

ちなみに、この錆や土は一年で溜まってます。

毎年清掃点検をやってましてもこんなにです。

 

 

小さいアパートやマンション、ビル等は清掃が義務付けされていません。

昭和の頃で、「高架水槽に死体が入っていた。」と言う事件もありました。

最近でも似たような事件がありましたね。

貯水槽をお持ちのオーナー様、清掃点検のチラシなどを見た事がないアパート、マンションの住民の皆様、是非一度確認をしてみてください。