星野さん、大嶋さんコラボ出版記念講演会の振り返りメール

地域のこどもの笑顔の為に建物と心を笑顔に変えるビルメンテナンス

プロスタイル株式会社

星野さん、大嶋さんコラボ出版記念講演会の振り返りメール

自分ごとですが、
僕は毎日、社員さんに向けて
振り返りのメールを送ってます。
そのメールの一部です。
昨日の振り返りです♪
「成 長の三角形。てっぺんにやるべきことがあり、右下にできること、左下にやりたいことがある。まずは「できること」でも「やりたいこと」でもなく、「やるべ きこと」が一番大切なんだよね。それもやらないで、「やりたいこと」や「できること」ばかりをやりたがる。それじゃ、成長しないよね。
「やるべきこと」がたくさん出来るようになったら三角形が大きくなり、「できること」「やりたいこと」がやれるようになるんだ!」
この話は響きました。
みんなはどうですか?
「やるべきこと」もそこそこに「できること」「やりたいこと」をやってないですか?
「やりたいこと」は、あんまりやれないかも知れませんが、「できること」に集中しちゃってることないですか?
まず大切なのは「やるべきこと」です。
僕も毎日、こうやって振り返りアウトプットすることは「やるべきこと」だから、やっているんです。
帰ってから、メール打ちながら寝てしまう時もある。
でも、みんなに僕が今日、何をしていて、明日何をするのかを伝える義務がある。
知ってもらいたいし。
だからどんな状況でも「やるべきこと」をやっているんです。
これを継続する事が僕にとってはスゴく大切な事だと思っているからやっています。
そして、ここで想いを語ります。
全ては会社の理念である
「全従業員の物心両面での幸せを追求する」
があるから。
僕が学んできた事や気付き、想いを伝えることで、みんなの人生に少しでも役に立つと思うから毎日眠くても発信して行きます。
加藤部長と木内部長も同じです。
毎日メールしてくれてます。
より、みんなの人生が幸せに気付けるために。
僕は「やるべきこと」をやり続けます!
2人目は大嶋啓介さん。
組織創りで最も大切なのは
「明るさ」
「雰囲気」
会社の空気と、業績は通じてる!!
これは響きました!
プロスタイル全体の明るさ、雰囲気を作っているのは他ならぬ、リーダーである、僕。
東京営業所で言えば、木内部長。
本社で言えば義久課長と加藤部長。
大元は僕の明るさ、雰囲気であると。。
ここが良くないチームは確実に業績は悪いと。。
ここが良いチームは挙って業績が良いそうです。
助け合う風土だったり、仲間を思いやる風土なんですかね?
僕は仲間を思いやる気持ちはスゴく大切にしています。
OneforAll AllforOneです。
1人はみんなのために。みんなは1人のために。
これが最強のチームだと思います。
仕事が忙しければ、仲間を思いやり、手伝ってあげる。
働くとは
「側を楽にすること」
仲間を大切に、思いやる気持ちが大切です。
時には自己犠牲も伴う。
それでも仲間を思いやり、助けてあげる。
そんな人を上司は見てる。神様は見てるんです。
そんな人を評価しない上司や、神様は居ない。
そんな仲間想いな人間を世の中は放っておかない。
スグに気に入られ、ドンドン新しい役割が与えられる。
そして、気がつけばドンドン出世する。
これが「働く」と言うことではないだろうか。
そして人生がドンドン豊かになります。
そんな人生を送りたいね。
世の中は鏡の法則です。
与えたものしか返ってこないんです。
投げたボールしか返ってこない。
投げてもないのに、ボールは自分のところには来ないよ。
だから、ボールを投げ続けよう。
たとえスグに帰ってこなくても、投げ続ける人には必ず超特大のボールが返ってきますよ!
「先ずは与える」
僕の今年のテーマなのでやり続けます!!
そんな組織を目指そう!
そんなチームになろう!!
今日も感謝で眠ります。
みんな、今日もありがとうございます。